自動的に資産を増やす革新的なL2

ETH及びステーブルコインに利回りを提供する唯一のEthereum L2

Backed By
ParadigmStandard Crypto

従来のL2では利回りがなく、時間が経つにつれて資産価値が減少

Blastは世界初のネイティブ利回りを取り入れたL2、それにより資産が自動的に成長

Blast上の時間経過による収益

Blastでは、ETHステーキングとRWAプロトコルにより提供される利回りを活用し、その利益は自動的にBlastユーザーに還元されます。利率が0%の従来のL2とは異なり、BlastではETHに3.4%、ステーブルコインに8%の高利率を実現しています。

Blastの目標は、最大限の利回りを実現し、L2オンチェーン経済を成長させることです。この目標に貢献したい方は、是非、Blastのエアドロップキャンペーンに参加してください。First Airdrop is [Now Live].

Blastの仕組み

自動リベース

BlastはETHとステーブルコインがL2上で自動的にリベースされるよう設計されています。それによって、ユーザーはETHの取引や、ETHを基盤とするDappsを、従来のEthereumと同じように利用することができます。

ETHステーキング

Blastの実装は、今年のEthereumのShanghaiアップグレードによって初めて可能となり、Lidoを通じたETHステーキングから生じるETH利回りが、L2でリベースされるETHを通して自動的にユーザーへ還元されます。

米国債による利回り

ステーブルコインをブリッジするユーザーは、Blast上でUSDB(自動リベース機能付きのステーブルコイン)を受け取ります。このUSDBの利回りは、MakerDAOによるオンチェーン米国債(T-Bill)プロトコルから提供されます。また、USDBはEthereumへ戻す際にDAIと交換することができます。

なぜ新しいL2が必要なのか

既存のL2のリスクフリーレートは0%

Merge後のEthereumはETHに対して3.4%の利回りを、オンチェーンの米国債(T-Bill)プロトコルはステーブルコインに対して8%の利回りを提供しています。そのため、これらのレートに匹敵するか、それを上回らなければ、ユーザーは実質、インフレーションの形で資産を失っています。

既存のL2では、ネイティブに利回りをサポートしておらず、それを実現するためには、新しく設計する必要がありました。 BlastはEVM互換のオプティミスティックロールアップで、従来の暗号資産やブロックチェーンの使い方を変えることなく、ユーザーや開発者の利回りを実現しています。

創業チームについて

Pacman of BlurBlur NFT マーケットプレイス
BlastはBlurの創業者によって考案されました。Blurは、Ethereum上でトップのNFTマーケットプレイスで、33万人以上のユーザーと70億ドル相当のNFTが取引されています。
マサチューセッツ工科大学 (MIT)イェール大学
南洋理工大学 (NYU)ソウル国立大学 (SNU)Y Combinator (YC)MakerDAO
創業チームのメンバーはYコンビネータ−、イェール大学、MIT、南洋理工大学、ソウル国立大学の出身で、EthereumやSolanaなどのDeFiやWeb3の大規模プロトコルの開発に携わってきました。
ParadigmStandard Crypto
Paradigm、Standard Crypto、eGirl Capitalをはじめ数多くのクリプト投資家から合計2000万ドルの資金調達を完了しています。

Airdropのタイムライン

Blastコミュニティエアドロップは、Early Accessメンバー(50%)と開発者(50%)に分けられます。

Blastへのブリッジや友人の招待によってエアドロップポイントが獲得でき、2024年6月に引き換え可能になります。

Early Access Airdropのタイムライン

開発者向けエアドロップは、Blastテストネットの公開時である1月に開始されます。開発者ドキュメントで詳細をご覧ください。